日本高圧電気株式会社 システム事業部 マグネグラフグループのサイトです

〒474-0053 愛知県大府市柊山町8-288 TEL:0562-88-3020 FAX:0562-46-1185

運用用途例(品質変動管理)

運用用途例 生産ライン 
本装置はスポット溶接によって形成された溶接部を定量化(数値化)します。
本装置の目的は同位置の溶接に対し、溶接品質が保たれているかを確認することです。
※本装置は破壊試験時からの相対検査となります。


検査ファイルをプロット(プロットソフトも同梱)することで、下記2項目が分かります。

[検査結果]
  ・数値変動が無い場合:破壊試験時の溶接品質が保たれています。
  ・数値が劣化した場合:破壊試験時に比べ、溶接品質が劣化(小径または圧接)しています。

不良品検出に加え、工程の安定性の確認にもご利用頂けます。



※本装置は破壊試験時からの相対検査となります。
絶対検査ではありませんので、装置の出力径は実寸径とは異なる場合がございます。
破壊試験時に『本装置が数値化した値』と『実際の溶接径』をパラメータで関連付ける必要があります。

運用用途例 出荷検査

部品会社での使用が考えられます。
  ①ロット内の全ての部品を数値化・・・ロット内のバラツキを確認できます。
  ②その後ロット内から1部品を抜き取り破壊試験する事で品質が保障できます。
  ※不良部員流出を阻止できます(破壊試験品以外も品質確認ができます)