日本高圧電気株式会社 システム事業部 マグネグラフグループのサイトです

〒474-0053 愛知県大府市柊山町8-288 TEL:0562-47-1253 FAX:0562-46-1185

検査理論概要とセンサー構造

励磁コイルに電流を流す事により、励磁コイルを電磁石化させます。
電磁石によって発生した磁界をスポット溶接内部に浸透させます。磁界により発生した磁束を急激に遮断させ、検出アレイコイルに誘導起電力を発生させます。 この誘導起電力を検出信号として取得しております。
検出アレイコイルが取得した『磁気抵抗の分布』をグラフ化する事により、ナゲットの定量化、および溶融凝固部の有無を判定しております。

検査理論とセンサー構造